熊本地震における大手携帯電話会社の支援~公衆無線LANサービス等~

先日、熊本地震で問題となったデマ情報をお伝えしましたがこのような情報や、家族や友人・知人の安否確認、現状の把握や給水所・支援物資の情報などを得るために、携帯電話(スマートフォンを含む)が大活躍しました。

今回は、熊本地震における携帯電話会社の大手NTTドコモ・au・SoftBankの対応についてお伝えします。現在は格安スマホなども増えてきておりますが、格安スマホは何百社も取り扱いがあるので今回は割愛いたします。

自分が契約している携帯電話会社が、もしものときにどのような対応をするのか事前に確認しておきましょう。

携帯電話大手3社の熊本地震への対応

携帯会社
NTTドコモ・au・SoftBankの携帯電話大手3社の熊本地震に対する支援や対処をまとめてみます。

災害伝言板設置で、安否情報の確認

「災害伝言板」という、被災地の方と連絡が取りにくい時に安否の確認ができる掲示板を設置しました。使い方は簡単で、被災地にいる方は自分の状況を、『自宅にいる・避難所にいる・被害がある、etc』などの選択肢から選ぶだけです。

また、あらかじめ設定をしておくと、災害伝言板に被災状況を登録した時に自動で、設定した家族や友人にメールが届くサービスもあります。そのため今のうちに一度確認してみることをお勧めします。

災害時に役立つ情報リンク←こちらの中に、各社の災害伝言板の説明へのリンクがありますので確認しておきましょう。

データ通信の速度制限解除

被災地でテレビやラジオ、車のカーナビのワンセグなどを使える環境の方もいましたが、多くの方が携帯電話のネットで情報を仕入れていました。

大手3社がデータ通信の速度制限解除を実施したおかげで、制限を気にすることなく、熊本地震や避難所の情報や色んな方との連絡に利用することができました。速度制限解除の適用期間は、3社とも2016年5月31日まででした。

動画などはどうしてもデータ量が多いため、見るのが躊躇されますが、今回の速度制限解除でネットの動画ニュースなども制限を気にすることなく見ることができ、情報取集に役立ちました。

情報を得るだけでなく、小さな子供がいる場合は、動画を見せたりちょっとしたゲームをさせたりととても重宝していました。「子どもに携帯電話なんて…」と普段なら思う方も多いでしょう。ですがこんな緊急事態です。避難所などで子供が騒ぐのを気にするお母さんも多く、子どもを不安から気をそらすのにも大活躍しました!(もちろん、長時間はおすすめしません!)

無料Wi-Fiスポット、充電サービスの設置

3社とも無料Wi-Fiスポットや充電サービスの設置がありました。無料Wi-Fiは、今やコンビニや駅など私たちの身近な所で使う事ができるため、利用したことがある方も多いのではないでしょうか。

私がいた避難所は指定避難所ではなかったため、このようなサービスは利用しませんでしたが、多くの方が利用できたようです。充電ができ、たくさんの情報を入手できるという普通のことが、被災者にとってはとてもありがたいことでした。

3社ともネットワーク名は統一されており「00000JAPAN」です。これは、事業者との契約の有無に関わらず利用可能にすることを目的としています。

無料Wi-Fiスポットを使う際の注意点

とても便利なWi-Fiスポットですが、利用する際には注意点があります。
前述のとおり、無料でだれでも自由に使うことができます。中にはセキュリティがかかっていない場合もあります。

簡単に言うと、個人情報やクレジットカードなどの情報が悪用される恐れがあります。一度ネット上に情報が流出してしまうと完全に取り戻すことは不可能です。そのため、以下の事に注意して利用しましょう。

  • 個人情報やクレジットカード情報を入力しない!!
    (ネットショッピングやネットバンキングなど)
  • ID・パスワードが必要なサイトを利用しない!!

災害時だけでなく、無料Wi-Fiを利用するときはあくまで緊急用であり、セキュリティ面に不安がある事を十分に注意して利用しましょう!

(安全な暗号化された通信の場合、Wi-Fiを選ぶときに鍵マークが付いているので合わせて覚えておきましょう。)

以上の悪用等の危険を回避するため、セキュリティがかかった通常の通信ができるようになった時には、Wi-Fiのネットワーク名をタップし削除しましょう!

その他の被災地における支援

他にも各社揃って、被災地支援がありました。

  • 携帯電話利用料金支払い期限の延長
  • 故障などの修理代金の減額
    (iPhoneは、無償特別修理サービスを提供)
  • 携帯電話や充電器の貸し出し
  • 固定回線の基本料金の減免

等です。

私の場合、熊本地震時に携帯電話が飛んでいき壁にぶつかりました。それをきかっかけに通話がほとんどできなくなったため、アップルサポートに連絡すると無償特別修理サービスを受け付けてもらいました。

各携帯電話会社の対応が安心につながる

普段、携帯電話の大手3社は、料金が高い!ショップや電話の待ち時間が長い!という話をよく耳にします。実際に「待ち時間そんなにあるの!?」と思う事もあります。しかし今回の熊本地震における対応の早さ・ショップの数・アフターサポートを考えると、やはり大手は強いなと思いました。

もちろん、他の格安スマホなどの会社も何かしら支援があったのかもしれませんが、あまり携帯電話に詳しくなく利用している方は困っているようでした。万が一の際にどのような支援が受けられるか・どう対処すればいいのか、ご自身で確認できる方には、安いですしとても良いものだと思います。

携帯電話やスマホは、災害時に唯一の連絡手段・情報収集アイテムである場合が多いです。非常時に使えないと不安も非常に大きくなってしまいます。もしもに備え、事前に自分の携帯電話会社にどのような災害時サービスがあるかを、窓口・電話・ホームページなどで確認しておくことも大切です。

スポンサーリンク
広告(くま大)
広告(くま大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
広告(くま大)