災害時、安心できるアイテムを防災グッズに

避難が必要な時=普段とは全く異なる状態・経験した事がない状態、であると思います。

災害は、事前にある程度避難の必要性が分かるものもありますが、地震は他の災害に比べ非常に短時間で甚大な被害を引き起こします。過去の大きな地震からも、避難者の数は莫大で、それまで避難を経験した事がない方も数多くいらっしゃると思います。

私も熊本地震が起きたことで生まれて初めて避難をしました。

そんな時に少しでも自分を落ち着かせるアイテムがあると、何も無いよりは安心感が得られると思います。大きいものではなく小さいもので良いんです。なにか1つ考えて、避難グッズに加えてみてはいかがでしょうか。

地震発生時・発生後は経験した事のない不安が

地震が起こっている時は、とにかく不安しかありませんでした。

・まず命をどう守るのか、家族をどう守るのかという不安。
・無事に家から避難することができるかという不安。
・自分が今どんな状態に置かれているのかという不安。
・本震だと思っていた(4月14日)以上の激しい揺れに、今後も大規模な地震が起こるかもという不安。
・衣食住への不安。
・避難先でも犯罪が起こっているなど情報が錯綜し、自分自身も混乱しているため真偽が確かめる前に不安に襲われる。

など、挙げたらきりがありません。不安も人によって様々です。

とにかく全てが非日常すぎて、極度の不安や恐怖でストレスが一気に溜まりました。読んでいる方の不安を煽ってしまうかもしれませんが、それが災害だと思います。

安心感を得るおすすめの対策・アイテム

ではそのような不安はどのようにして軽減できるのでしょうか。それにはいつも自分の身近にある物が有効だと思います。実際に私も、いつも使っている物を身の回りに置くことで少しずつ安心していきました。

もちろん必ず安心できる物を持ち出さなければならない、というわけではありません。まずは身の安全が第一です。また、必要ない方もいらっしゃると思います。ただ、些細な物が役に立つこともありますので「そうなんだ~」と読んでいただければと思います。

香水など気持ちが落ち着く香りをハンカチに

香りは、昔その香りを嗅いだ時の記憶や雰囲気などが一気に思い出されます。私は詳しくはないのですが、香りと脳の関係は密接のようです。実際に地震後の片付けで、昔使っていた練り香水をなんとなく嗅いでみるととても懐かしいような安心感がありました。

皆さんにも好きな香りがあると思います。香水やアロマオイルを、ハンカチなどにひと吹きしたりアドマイザーなどに入れて持ち運んだりしておくことで、気持ちを落ち着かせたい時に嗅いでみましょう。(シミになる場合もあるので、お気に入りのハンカチは避けましょう!)

ただし、香りの好みは人それぞれです。量や香りの強さに注意しましょう。苦手な香りは気分だけでなく体調までも影響する恐れがあります。あくまで自分だけに分かる程度にしておきましょう。

大事な写真・メッセージカードや手紙など

大切な写真など、普段から持ち歩いている方もいらっしゃると思います。災害時だけでなく、辛い事や苦しい事があった時に、その写真や手紙を見て元気をもらう事もあります。また、家族や大切な方々・ペットの写真は、万が一離れてしまい探す場合を考えても、特徴なども一目で分かるので持ち歩いた方がよいと思います。

お守り・普段から大事にしているお気に入りの物

日本では何かしらお守りを持っている方は多いでしょう。宗教的なお守りはもちろんですが、自分なりにお守りとして大切にしている物もあるかと思います。身に付けておくと、良いことが起こる・試合で負けた事がない、など自分なりにジンクスがある物はちょっとした安心にも繋がります。
「これがあるから大丈夫だ」と混乱する気持ちを少しでも落ち着かせましょう。

携帯電話・スマホのモバイルバッテリー

携帯電話・スマホは、連絡・情報収集の手段としてとても重要でしたし、大切な写真なども保存していました。また、ライトなど灯りの確保にも役立ちます。非常に便利な物だけに、地震後はいつ充電できるか分からず電池残量を心配しつつ携帯電話を使う方がとても多かったです。

そのため、モバイルバッテリーは1人1つは持っていた方がいいと強く思います。普段当たり前にみんなとつながる事ができる携帯電話が使えない、しかも非常事態時に、となると不安も一層大きくなってしまいます。「もう1回は充電できる」ということは思った以上に心の余裕に繋がります。

地震・災害時必須!避難先での携帯電話・スマホの充電対策の記事はこちらから

周りの人たちと会話をする

「大丈夫ですか?」「ビックリしましたね」「怖いですね」、何か人と話をし共感することで安心し冷静にもなれます。声を掛け合うことが大切、と本などで知ってはいましたが、どこか半信半疑でした。

私も地震直後の避難では、近所の公園でしたが今まで話したこともない方と会話をしました。(ふだんあまり近所づきあいもなかったので…反省点ですね。)
実際に、ホッとしましたし皆同じ気持ちなのだと改めて感じました。皆表情は緊張と不安でこわばっているので、「私だけ?」と思い込んでしまいそうですが、勇気をもって近くの方と話してみましょう。

一概には言えませんが、女性は女性、男性は男性、で同性の方が話しかけやすい印象でした。

アメやガムなど小さめのお菓子

極度な不安・緊張があると、非常に喉が渇きます。水分が一番良いと思いますが、水が無い・トイレが心配という場合は、アメ・ガム・タブレット菓子がおすすめです。口の中が潤い、スッキリした味の物を選ぶことで少しはリフレッシュもできます。

個人的には、タブレット菓子が味も豊富でカバンの中でも場所を取らないのでお気に入りです。

 いつどこで地震が起こるのかは分からない

熊本地震では夜中の地震という事もあり、家族と過ごしていた方も多かったようです。しかし、仕事や学校に行く途中・ひとり暮らし・買い物中・一人旅行など、必ずしも誰かと一緒にいる・土地勘がある場所にいるわけではありません。

ただでさえ、激しい揺れで頭が混乱している状態です。少しでも冷静に気持ちを落ち着かせることは、自分の身を守る事にも繋がります。

これがあるから頑張ろう・落ち着こう、これがあるからまだもう少しは大丈夫だ、と思えるようなものを日頃から持っておくことをおすすめします。些細な事かもしれませんが、きっと万が一の際にあなたの役に立つことができると思います。

スポンサーリンク
広告(くま大)
広告(くま大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
広告(くま大)